笠沙中学校 南さつま市立笠沙中学校  〒897-1301   南さつま市笠沙町片浦2362番地    0993-63-0049 Fax 63-0069

ご意見・ご感想などは
こちらまで




 学校・学区の紹介
    1 校区の概要・学校規模・校章  2 校地及び校舎・校歌・部活動  3 学校沿革  4 学校経営

校区の概要

 ◆ 人口  3,163人(男 1,432人 女 1,731人)
      (南さつま市ホームページより)(平成21年7月末現在)
 ◆ 世帯数  1,621世帯
 ◆ 面積  39.61km
 ◆ 位置  北緯 31度21分  東経 130度12分
 ◆ 概況 (ア)  神代 “笠狭宮” 宮居の地といわれ,石器・土器など先史時台の遺物が町内の各所から発掘されているので,その時代から人が住んでいたことは確実といわれている。
(イ)  薩摩半島の西南端に位置し,北西に突き出た細長い半島で,三方が東シナ海に面し,海岸線は屈曲がはげしく,リアス式海岸が連なり,自然景勝を誇っている。


校区の概要

 ◆ 学級数   3学級(各学年1学級)
 ◆ 生徒数 学年 男子 女子 P戸数
1年 12 6 18 12
2年 8 14 14
3年 10 14 24 24
28 28 56 50
 ◆ 職員数   県費11名,非常勤2名(美術・家庭科),市費1名(学校助手)


校章

 笠沙「かささ」と中学校の「中」の字を組み合わせて図案化したもので,中央のペンは学問,手をつないだ笠沙,四方八方に突き出しているのは発展,すなわち,学問を中心に団結し,伸びていく笠沙中学校の姿を表現したものである。